omicro VR | バーチャル展示会場

omicro VRは球体型ロボット omicroをオンラインで体験してもらう目的で作ったメタバースに存在する仮想の展示会場である。展示会場はUnityで作成されており、バーチャルSNS cluster上で動いている。 会場内で動いてる球体型ロボット omicroは実際のものと同じ3Dモデルを用いて作られている。ボールの動作もプログラムをUnity向けに書き換えて動作をシミュレーションさせている。

omicro VR|メタバースプラットフォーム cluster(クラスター)